よくあるご質問 of パルーノス|自分本来の素肌美を取り戻す。エイジングケア化粧品。それがパルーノス

訪販で多くのお客様に親しまれてきた永年の信頼と実績、エイジングケア化粧品のロングセラー。パルーノスをぜひお試しください。 お試しセット好評発売中です。

swswのコピー.jpgaq2.jpg
a1.jpga2.jpga3.jpga4.jpga5.jpga6.jpga7.jpga8.jpga9.jpg

質問(Q):

パルーノス製品は、敏感肌や荒れ肌の方にも使えるってホント?

回答(A):

私たちの「パルーノス」ブランドは、「敏感肌」に適していますと説明してまいりました。そのわけは、四半期(25年以上)以上という永年に渡り、「敏感肌」の方の使用を考慮し、また、永年の改善・研究と使用実績を重ねてきたからです。
また、アイ・ビー・シー研究所の創業者 塙 章 は、その生涯を化粧品開発、取り分け敏感肌や荒れ肌に困る方にも、日々のスキンケア、エイジングケア、メイクアップが続けられるよう、その生涯を製品開発に捧げてきました。 パルーノスは、その結晶ともいえる化粧品・香粧品のブランドです。

毎日の食生活のような、必要にして不可欠な継続的な使用を意識した、お肌にやさしい製品を提供しております。

質問(Q):

敏感肌に悩んでいますが、そもそも原因はなに?

回答(A):

「敏感肌」とは、「肌の状態」であって「肌タイプ」ではありません。生まれ持っての敏感肌は、アトピーなどの特殊な例を除きあまりありません。
ここをご理解ください。すなわち、ケアのやり方しだいでは、もともとの肌質だとあきらめていた敏感肌は、元の健康な肌=「素肌美」に戻れるということです。

敏感肌の原因となる主な因子は、外的なものと内的なものとあります。

  • 外的因子:日焼け、寒気、乾燥、化粧品、入浴、洗顔、刺激のストレス、空気の汚れ、皮膚への打撲、摩擦、薬品など。。。。
  • 内的因子:ビタミンやホルモンの過剰・欠乏、内臓機能、薬品、食事など。アレルギーなどの体質、日常生活バイオリズムの変化、過度の精神的ストレスなど。。。。言い換えれば、日常的な肌への影響がすべてその因子になりえるのです。特に、化粧品を使用する年齢を重ねるほど、老化とともに、間違った化粧品選び、間違った使用法が、その原因となるケースが多くあります。

質問(Q):

パルーノスは、自然派化粧品だとお聞きしますが、「無添加化粧品」なのですか?
特に、敏感肌・肌荒れ等で悩む人が、化粧品を選ぶ際には重要と思いますが?

回答(A):

敏感肌の方が探す「無添加」「天然由来成分」というキーワードの意味は何のことでしょうか?

無添加・・・つまり余計なものが配合されていない、純粋な中身!?
天然由来成分・・・植物などの天然由来の原料から作られた、安全な成分!?

ただ、これらの言葉だけで、敏感肌にとって、安全かつ効果的と言えるでしょうか?
答えは、「ノー !」 です。 
何が無添加なのか? 何が天然由来成分なのか? それらの意味と具体的な成分を知る必要があります。また、その化粧品が本当に敏感肌にとって、安全かつ効果的かどうか、ご心配の通り、使った方々の評判や実績から、できれば試用することにより、安全性や効能を確かめることが必要で、もっとも重要なことなのです。

これらの一歩立ち入った点に留意してください。

  • 「無添加」とは、私たちの理解では、香料、タール色素(合成着色料)、一部の保存料など、肌への刺激になる可能性の高い成分の配合がないこと、すなわち、何が無添加なのかが重要なのです。しかしながら、化粧品自体多くは、何種類もの成分を複雑に組み合わせて配合された、いわば現代科学が生み出した人工ものですので、もともと食品とは異なります。ゆえに無添加という用語は、つきつめるとイメージ感のみが強く、意味不明と言えるでしょう。
  • 「天然由来成分」とは、同様、私たちの理解では、天然由来の油脂や界面活性剤、自然界にもともとある安全な抽出成分などなど、いいかえれば、多くの石油由来の原料などの、過度に人工的に合成された成分でないことです。私たちの化粧品ブランド「パルーノス」の主要成分は、この天然由来成分です。広くとらえれば、石油や石炭だって天然の原料の一つです。これら鉱物由来の成分で、分子的には植物性と同じものが多くありますので、用語の定義はアイマイです。 ただ化粧品原料で一般的に言われるのは、石油由来原料を使用した成分には、肌への刺激が強いものが多いということです。 同様に、植物由来のものでも、刺激の強い成分は事実たくさんありますので、配合の仕方には注意が必要なのです。

これらの表示は、肌への刺激を極力抑えた成分を使用していることを強調する化粧品であること、特に敏感肌の方にとっての安心、精神的な心強い味方であることは、確かに間違いありません。 ただ、もう一度ここで注意していただきたいことは、
用語の示す定義が各化粧品メーカーによりそれぞれ異なること、アイマイなこと、また、たとえこれら用語の示す意味が私たちと同じ理解や定義だとしても、

「それだけで十分だ」とも言えない、という事実です。 

結論は、敏感肌の方への化粧品は、パルーノスブランドの製品のように配合される各成分の機能バランスの良さ、その効能や安全性が「永年の実績により検証されたもの」であることが、最も重要なのです。